社会福祉法人さつき福祉会 RECRUITING 2020

生活を支える

スタッフ写真

2014年入職:あいほうぷ吹田 支援員

こんな業務を担当しています
あいほうぷ吹田のショートステイ部門で働いています。食事や入浴、排泄などの利用者さんの直接介助から事務処理まで、業務はたくさんあります。ショートステイでは、1日1日利用者さんが変わるので、その日の状況によって支援の仕方が変わる難しさがあり、月に一度会うか会わないか、というぐらいの利用者さんの対応を覚えるのに苦労することもあります。

先輩にいろいろ聞いてみよう!

障害もいろいろ。支援もいろいろ。

入職して、様々な障害状況の方がおられることを知りました。それまで障害のある方といえば車イスの方やダウン症の方という狭いイメージしかありませんでした。実際には、人それぞれ生活歴があり、家族があり、本人の思いがあり…丁寧な個別支援が必要だとわかりました。「この行動はこういう意味があったんだ」「こういう考え方もあるんだ」と気付くことも多く、視野が広がりました。

ショートステイはご家族の支援にもなる。

ショートステイはレスパイト(ご家族が一時的に介護から離れて休息を取れるようにすること)の場でもあります。少しでも「利用して良かった」と思ってもらえたら嬉しいです。障害のある方への支援はもちろんですが、そのご家族のお役に立てることもやりがいの一つですね。

ポジティブな私だって落ち込む日はある!

物事を前向きに捉えることができるのが私の長所。よく「ポジティブやね」と言われます。職場では意識的に明るく笑顔でいるようにしていますが、まぁ確かに明るいほうかもしれませんね。でも、そんな私でも落ち込む時だってもちろんあります。そんな時はきっちりと反省して「次は頑張ろう!」と消化するようにしています。それでもダメな時は、とりあえず寝る!寝てリセットしています。

先輩の1日をのぞき見しちゃおう!

  1. 一日の流れイメージ写真1

    16:30 出勤 夜勤の日は夕方出勤。その日の職員と打ち合わせをします。

  2. 一日の流れイメージ写真1

    17:00 出迎え、夕食 利用者さんが来所してきます。家にいる時のように過ごしていただきたいので利用さんの希望を優先します。

  3. 一日の流れイメージ写真1

    21:00 消灯前 22時頃の消灯までの時間は利用者さんはそれぞれの時間を過ごします。職員はそれに合わせて介助をします。

  4. 一日の流れイメージ写真1

    23:00 就寝 職員も睡眠は大事!利用者さんの様子に注意しながら就寝。夜間の支援が必要な方もいます。

  5. 一日の流れイメージ写真1

    6:00 朝ごはん作り 職員みんなで利用者さんの朝食作り。味付け、色々工夫してますよ!(笑)

最後にこれだけは言いたい!

この仕事を長く続けるコツは悩みすぎないこと。周りに聞くこと。ここには経験豊富な職員さんがいるので話も聞けるし、自分の話を真剣に聞いてくれた上で「じゃあこうしよう」と言ってくれ、勉強になります。